終活のお墓の選び方を知りたい!生前墓には多くのメリットが

人間は亡くなるとお墓に入ることになりますが、これまでは一般的に人が亡くなった後に家族の人たちが墓選びを行っていました。ですがそれでは残された人たちに大きな負担がかかることになりますし、故人が希望する石材やデザインを施したものが用意できない可能性もあります。
終活が注目されていますが、その際にお墓を自分であらかじめ選んでおく、建てておくという人も増えてきています。その際には、選び方に注意することが重要でしょう。

生前墓のメリット

生前墓のメリット
家族のあり方が昔に比べて多様化しており、先祖代々の墓地に入らず新たなお墓を設けるケースが圧倒的に増えてきています。そうなると必要になるのが墓地ですが、生前墓を用意するという方法がおすすめです。

これは故人が生きているうちに建てた墓地のことを指しており、使用する石材の種類やデザイン、建立する場所などを自らの希望通りに決めることが可能です。


亡くなる前には様々な不安が押し寄せるかもしれませんが、墓地に関する悩みも考えられます。そういった自分の悩みに加えて、残される相続人や家族たちの負担を減らす意味でも生前墓の存在はとてもありがたいものです。自らの希望を実現することができ、残される人の不安を和らげられるというメリットは何にも代えがたいものではないでしょうか。


お墓を作る費用の捻出方法は人それぞれ異なりますが、故人の遺産を相続する形で現金から捻出することもあります。ですが現金や預金などとして相続する形なので、当然相続税の課税範囲となります。

しかしあらかじめ故人が生前墓を建てておけば、それは相続税の対象にはなりませんから相続税対策としても有効です。これは非常に大きなメリットですし、手間だけでなく金銭的なメリットを相続人に与えられるというのは、生前墓ならではの特徴ではないでしょうか。
また人によっては自分の趣味などを反映させた特徴的な墓地を希望する場合もありますが、終活により事前に生前墓を作っておけば当然自らの意見を反映した選び方ができます。

生前墓について考えること

生前墓について考えること
終活における重要事項のひとつでもある生前墓について考える場合には、いろいろと頭を働かせる必要があります。


使用する墓石によりその特性は大きく異なり、耐久性も異なれば吸水性や見た目の美しさも変わってきます。
比較的白っぽい石が良いのか、それとも黒みがかった高級感のある石が良いのかという点も注目してください。

特に耐久性の有無は墓守をすることになる子孫にも大きな影響を与えますし、墓石の種類はやはり見栄えを決める大きなポイントとなり、この点について考えることは大切です。
またデザイン性の種類も覚えておくべきで、和型のものにするのか、洋型、自由度の高いデザインを施すのかということも考えておきましょう。


終活の際に生前整理を行う人はたくさんいますが、墓地をあらかじめ建立する人は基本的にそれ以外の人と比べて自分のお墓にこだわりを持ちやすい傾向にあります。ですから見た目は当然のことながら、機能性の高さや耐久性についても検討した選び方が理想です。


年齢を重ねていたとしてもお墓については知っているようで知らないという部分が多くあり、本格的に生前墓の建立に入るまでに多少勉強しておくとスムーズに事が進み、理想としている形の墓地ができるでしょう。

終活としてのお墓選び

終活としてのお墓選び
自分個人の墓地なのか、夫婦で入るのか、先祖代々使用するのかなど、自分が思い描くものを選択して選び方を考えることが重要です。

お墓の種類は昔に比べ、様々なものが出てきているため、家族形態やそれぞれの状況に応じた形で選ぶと良いでしょう。
そして墓地を建立する場所も重要な意味を持ちます。残された人たちがお墓参りしやすい場所を選ぶことも重要ですし、公営の霊園を使うのか、寺院が用意している墓地を活用するのか、民間の霊園の使用なのかという点も早い段階で考えておきたいです。

それぞれ経営する母体や管理者によって、デザインの自由度や費用面など様々な点が異なってきます。

特にお寺を利用する際には宗教上の制約も発生するので注意しなくてはなりません。
残された家族が住むエリアの近くがベストではありますが、最寄り駅からのアクセスのしやすさや自家用車を使った場合の利便性、管理体制の充実度、その他にも活用できる施設やサービスの充実さにも注目してください。


終活はとても尊くて意味のある活動ですが、自分が望む形の墓地作りができなくては心残りになるでしょう。

自らのことも考え、そして残された家族のことも考え、場合によっては協議を重ねた上で決めることがおすすめです。
生前整理や墓地の建立など、行うべきことはたくさんあるかもしれませんが、石材の種類やサイズ、具体的なデザイン、墓具の種類もお墓選びの際にはしっかりと検討するとよいでしょう。

まとめ

終活におけるお墓の決め方や選び方は簡単なようで難しく、自分の希望を反映させると共に、残された家族の意向も取り入れることが重要です。
墓石の種類や建立する場所、デザインは生前墓づくりにおいて重要になってきます。