様々ある遺産相続の手続きと注意点について学ぶ

人が亡くなるとその人が持っていた財産を相続人が譲り受けることになります。いわゆる遺産相続と呼ばれるもので、財産を単純に譲り受けるのみならず、様々な手続きや納税の義務が発生してきます。自己基準ではなく、法律などで決められている規定にのっとって相続しなくてはいけません。頻繁に行うことではないためあまり詳しい人はいませんが、避けては通れない道なので注意点などを含めて把握しておきましょう。

遺産相続に必要な手続きと一般的な流れ

遺産相続に必要な手続きと一般的な流れ
人が亡くなると相続人たちはお通夜や葬式の準備にはじまり、その他の様々な準備に追われます。ですから遺産相続に関して考える時間は意外と少なく、忘れがちとなってしまいます。しかし一定期間のうちに相続を済ませ必要な手続きを行い、控除額を超える場合には納税も行わなくてはなりません。やるべき手続きや一般的な流れは相続する財産の内容によっても違い、特に不動産や証券などを有している際には名義変更などの手続きも必要になります。


相続手続きの流れは一般的に、死亡届を管轄の役所に提出し、故人が遺した遺言書がある際には内容を確認します。そして遺産を譲り受ける相続人を確定させ、その後故人が遺した財産の内容を洗い出します。この内容に従って遺産相続を進めるため面倒な作業ではありますが、プラスの財産もマイナスの財産もしっかりチェックしましょう。
財産の価値を測定し、具体的な分割方法などを確定させます。ケースバイケースで相続放棄や限定承認がなされることもあるでしょう。

準確定申告や遺産分割協議書作り、さらに不動産などの特殊な財産の名義変更手続きを行い、最終的に相続税を納めることになります。ただしすべてのケースにおいて相続税の支払い義務があるわけではないので、詳細は専門家や税務署で確認しましょう。

このような流れや手続きの中には事務的なものも少なからずありますが、財産の確認などは非常に面倒となる可能性があります。
しかし早い段階で行っておかないと、のちのち大きなトラブルに発展しかねません。財産次第では相続放棄や限定承認をするケースも考えられるため、マイナスの財産の確認も注意して行いましょう。

相続の対象となる財産と対象にならない財産

相続の対象となる財産と対象にならない財産
遺産相続手続きの時に気を付けたいのが、全部の財産が相続の対象ではないことです。

まず対象となるものには、現金や貯金、土地や建物などの不動産、証券、骨董品や貴金属などが当てはまります。
これらはあくまでもプラスの財産ですが、借金などのマイナスの財産が発生する可能性もあり、それらも相続対象になります。必要に応じて相続放棄をしないと思いもよらない借金が自分にのしかかりかねません。

故人が所有していた財産がすべてが相続対象と理解していると、思わぬ勘違いを生みます。あまり聞かれなくなりましたが、祭祀財産はその義務を果たす主宰者が受け継ぐことになります。祭祀財産は自分たちで決めることもあれば、揉めた場合などには家庭裁判所が決定することもあります。

そのほかには生命保険金も一般的な相続対象となる財産には加えられません。場合によっては非常に大きな金額になることもあるのでトラブルになるケースも見られますが、生命保険金というのはあらかじめ指定されている受取人がその権利を有しているため、受取人名義次第では相続人以外が受け取ることになります。
そして一身専属的な権利も遺産相続の対象にはならないので注意が必要でしょう。

遺産相続の注意点

遺産相続の注意点
遺産相続は故人の遺した財産を相続人が譲り受ける制度で、プラスの財産が遺されることが多いので多種多様なトラブルが発生します。相続人全員の意思を確かめた上で分配を行い、適切な方法で遺産相続を完了させることが大切です。またプラスの財産ばかりがあると思っていると、知らないところで借金をしていたというケースもあり、遺産相続が終了してからこれらに気づくこともあります。そうならないためにも早い段階で財産の洗い出しをして、確実性の高い情報のもと相続作業を行いましょう。

相続に関する各種手続きには定められた期限が存在し、それを遵守する必要があります。ぎりぎりになって焦ることなく余裕を持った行動が問題を発生させないための重要ポイントです。

相続人同士のいざこざ、税金に関する問題点、マイナス財産に関する相続問題、手続きや流れが不明な点に起因する問題などがあるので、専門家のアドバイスを聞き入れることがスムーズな遺産相続を完了させるためには不可欠でしょう。多くの注意点がある相続問題ですが、全部を把握しきることは不可能です。それを理解し、必要な手続きやルールを把握していれば大抵の問題は解決できるでしょう。

まとめ

遺産相続に関してのルール設定はとてもややこしく、そして多種多様な手続きの必要性があります。書類を作成して提出する作業もあれば、故人の財産状況の確認作業のような骨の折れる作業もあります。

相続対象になる財産とならない財産を知って、各種注意点に気をつければ、手続きがスムーズに行えるでしょう。