時代を映した家族葬の人気の理由を考える

生きとし生けるもの、皆、必ず最期の時を迎えます。愛する人、大切な人に永遠の別れを告げるために、その時、人は葬式を行いますが、そのカタチには逝く人、遺される人の想いが凝縮されています。

ご葬儀の形式比較

宗教によって作法に多少の違いはあるものの、ご葬儀の流れ自体にさほどの差はありません。しかし多様性が認められる時代になったとはいえ、執り行われる式は、故人さまの親族や生前付き合いのあった人たちが参列する一般的な形式が多くを占めます。
その一方、最近人気を得ているのが家族葬です。これは故人さまの近親者や親族、生前特に近しくしていた人など、少人数で行われる式で、最近ではそのためのパックも用意されています。


どういった形式にするかはそれぞれの事情を鑑みて決めれば良いことですが、なんと言っても一番尊重されるべきは故人さまの遺志でしょう。旅立つときにはたくさんの人に見送られたい、そう思っているのでしたら従来からの形式がふさわしいでしょうし、近しい人だけでこぢんまりと派手なことはしなくて良いというのでしたら、家族葬のほうが適当と思われます。
また、社会的な立場ゆえに家族葬では後々問題が出る恐れがある場合などは、近しい人だけであらかじめご葬儀を済ませておき、あらためてお別れの会などで参列者を募ってもよいでしょう。他にも、近親者だけで密葬を行い、その後本葬で多くの人に参列してもらうという方法もあります。

従来型の一般葬、最近人気の家族葬以外にも、ご葬儀を行わない火葬式や通夜を行わない一日葬など、現在の葬式は多様性に富んでいます。
縁起でもないなどと言わず、気楽に色々と調べてその人にぴったりの形式を決めておきましょう。

家族葬が人気な理由

何かと話題の家族葬ですが、そこには人気を呼ぶだけの社会的な背景があります。
高齢化が進む今、故人さまが高齢であればあるほど、友人や知人の数は減少してゆき、それに伴い参列者数も少なくなります。参列者が少ないのに式ばかり大きくしても釣り合いがとれません。また、かつて日本全体を占めていたムラ社会が廃れ始め、特に都会の方では、以前ほど近所づきあいも活発ではなくなりました。それに従って、地域を挙げて行っていた冠婚葬祭も個人主体のものとなり、それはご葬儀の席にも及んでいます。

そうした社会環境が影響してか、個人個人の考え方も変わってきています。ことご葬儀にいたっては、簡素にしたいという人が多くなり、実際に家族に言い残すケースも増えています。そこには、「家族に見送って貰えればそれで良い」「余計な経済的負担をかけたくない」などといった本音が見え隠れします。
気心の知れた人だけで行われるご葬儀は、今の時代だからこそすんなりと受け入れられるのかもしれません。それがどのような影響を与え、残すとしても、故人さまがそれを望んでいたのであれば可能な限りその思いを叶えてあげるのも遺されたものの務めでしょう。
ただ、滞りなく願いを叶えたいのであれば、生前からのきちんとした話し合いが必要なのはいうまでもありません。旅立ってしまってからでは、意見を交わし合うことは不可能なのですから。

家族葬のメリット

ご葬儀を家族などの近しい人だけで行う場合、一般的なものとは違った良い点があります。
まず、気を遣わなくてよい人がほとんどの少人数制ですので、落ち着いて故人さまと向き合うことができます。特に、喪主さまとなった人が多数の参列者への挨拶に追われるということがありません。
また規模が小さいため、一般的なものと比べて費用を抑えることができます。もちろん費用をかけて豪華に、ということもできますので、そこはご葬儀を執り行う親族の胸ひとつでしょう。
そして、式の内容は比較的自由が効きます。故人さまの好きだった曲を流したり、趣味関連のものを祭壇に供えたりと、ご葬儀の席を故人さまの色で染めることができるのです。


良いことずくめのようにも思える家族葬ですが、これは親族の同意があってこそできることでもあります。親族の同意を得ないまま推し進めてしまえば、そのことが原因でもめるということも考えられます。特に親族の中に形式にこだわる人がいる場合は、あらかじめきちんと説明しておき、同意を得ることが必要です。そのためにも、家族葬を希望するのであれば故人さまが元気なうちからはっきりと宣言をしておいてもらったほうがよいでしょう。
手順を踏まえ、手はずを整えてさえいれば、家族葬は参列した人たちの心に残るものになります。そうしたところが、人気の要因の1つとなっているのかもしれません。