家族葬に必要な準備とは?4つの準備をそれぞれ解説

参列していたいただく方を決める

一般のご葬儀と家族葬の違いでもあり、一番のポイントと言えるのは、誰をご葬儀に呼ぶかを決めることではないでしょうか?というのは、家族葬と言っても親兄弟姉妹のみなのか、近しい親族もお呼びするか、そして親族はどこまで呼ぶかということが、トラブルの種になりかねないからです。

トラブルを防ぐためには、日頃から誰を呼ぶかを決めておくことをお勧めします。家族葬と言っても誰を呼ぶかについては、これといった決まりはありません。ただし友人まで呼ぶとなると家族葬の定義から少々逸脱していますが、日頃付き合いのなかった親族を呼ぶなら、友人を呼んだ方が良いという考え方も。トラブルがあっても故人さまの希望だったからという理由で納めることもできるので、普段から希望をすり合わせておきたいものです。

誰を呼ぶのか決めかねる場合には、葬儀社が用意している家族葬パックを紹介してもらい、そこに掲載されている人数に合わせてしまうという方法もあります。例えば参列者が〇人という制限があるプランならば、声をかける範囲がおのずと決まることでしょう。


葬儀社を決める

家族葬であっても一般のご葬儀であっても、ご葬儀に際してはまずは葬儀社を決めなければなりません。病院で亡くなった場合は病院に相談すると葬儀社の紹介をしてくれますし、自治体でも提携葬儀社を紹介してもらえる場合があります。インターネットでも葬儀社のリストを見つけることができ、家族に会社員がいれば、福利厚生で安価に利用できる葬儀社を紹介してもらうことも可能です。

ところで病院で亡くなった場合、霊安室にとりあえず安置してもらえますが、別の人のためになるべく早く空ける必要があり、その日のうちに病院から自宅や葬儀会場に遺体を移動させることもあります。その場合葬儀社は夜中でも対応してくれますので、とりあえず病院に出入りしている葬儀社に遺体の搬送・安置のみお願いし、ご葬儀は別の葬儀社に依頼することも可能。安置までとご葬儀を切り離して考えれば葬儀社選びにも時間の猶予ができ、精神的にもゆとりが生まれます。


費用についての確認

葬儀社が決定したら、費用については早い段階で確認しておくべきです。というのは葬儀社に言われるがままにオプションを加えてしまい、結果的に費用が高額になってしまうことを防ぐためです。葬儀に対して精神的に動揺し、費用について話を詰めることができない場合は、家族葬パックを利用してオプションは加えないという方向にしても良いでしょう。

病院が紹介してくれた葬儀社に自宅への搬送・安置のみお願いし、葬儀は別の葬儀社にお願いするという場合も、遠慮せず安置のみの費用を確認しましょう。葬儀社でもそうした依頼は慣れており、決められた見積りが用意されていますので、たいていはその場で費用を教えてもらえます。


お寺への確認

ところで、先祖代々のお墓があるお寺とのお付き合いがある場合は、早めに連絡を入れる必要があります。というのは家族の都合ではなく、お経をあげて頂くご住職のスケジュールによって、葬儀を行う日が決まることが多いため。どの日ならご都合が良いのかを確認し、それを葬儀社にすぐ伝え、お通夜・告別式の日程を決めることになります。

告別式の後はご住職もお呼びして、精進落としの食事をご一緒することが多いのですが、多忙なご住職の場合一日に葬儀を掛け持ちしていらっしゃる場合もあります。食事の注文数を決定するためにも、事前に食事をご一緒頂けるか問い合わせるのは失礼なことではありませんので、連絡をした際に確認しておくと良いでしょう。