家族葬とは?普通のご葬儀との違いは?メリットやデメリットは?

家族葬はどのようなスタイルのご葬儀か?一般のご葬儀との違いは?

家族葬とはどのようなお葬式かというと、基本的には家族と親戚のみが参列するご葬儀のことを言います。
家族の構成人数が少なくなりつつある昨今、親戚の人数も少なくなっているため、おのずとコンパクトなお葬式が主流となりつつあるのが理由の一つ。

一般的なご葬儀は、家族や親戚に加えて友人・知人が主な参列者ですが、仕事をしていた人であれば仕事関係の知人、近隣の住民や故人さまの付き合いによっては地元の議員など、いわば義理で参列している人も含めると、しばしば大規模なものになりがち。
だいたい50人を超える参列者が予想されるなら、会場の規模などの関係上一般的なご葬儀の方が向いている場合もありますので、ご葬儀社に相談してみましょう。

そのような規模の大きなご葬儀になると、当然ながら参列して下さった方々へ振る舞う飲食や、返礼品などに費用がかかります。
参列者が多ければ会場の規模や飾花も大きくなり、全体的な費用のランクが上がってしまいます。
もちろん通常は参列者に頂いたお香典を、あとで費用にあてることで精算するものですが、それでも立て替える額が大きくなるためご遺族さまの負担となるのは明らかです。


家族葬のメリット・デメリット

では、規模の大きい一般のご葬儀に比べると、どんな点が家族葬のメリットとして挙げられるのでしょうか。
一番に挙げられるのが、こじんまりと親しい人だけで過ごすことができるので、ご遺族さまの精神的な負担が少ないことです。

参列者が多いと喪主さまやご遺族さまは挨拶に追われることも多く、せっかくのご葬儀であっても故人さまをしのぶ時間をゆっくり取ることができないもの。
しかし家族葬ならそうした義理の会葬者への対応に振り回されることがなく、気心の知れた人達のみで故人さまについての思い出を語ったり、お別れを告げたりといったことに時間をかけることができるのです。

その他のメリットと言えば、ご葬儀社に払う費用を減らせること。
昨今は家族葬を選択する人が増えているので、すべてがセットになっているご葬儀もあり、何かと忙しいご遺族さまにとっては、そうしたセットを選ぶことで精神的にも金銭的にも負担が減らせるというメリットも。
反対に故人さまの思い出の品物を飾るなど、オリジナリティ溢れる内容にしてもOK。
身内だけで行う内輪のご葬儀なら、ご遺族さまの意向で個性的なご葬儀にすることも可能なのです。

では家族葬にはデメリットはないのでしょうか?
まず、家族や親戚以外の人に、後日になってご葬儀に参加したかったと言われる可能性もあるということも念頭に置いておきましょう。
あとは家族内では納得の上で行った家族葬であっても、個人の兄弟姉妹などから規模について意見されるかもしれないというデメリットも。
家族葬と言っても親戚は呼ばずに、家族のみで行うケースもありますが、失礼にならないようやはり親戚にも訃報は必ず知らせるべきなのです。
同様にご葬儀にお呼びしなかった故人さまの友人知人にも、ご葬儀が済んだあと訃報を差し上げるのがマナーです。

いずれにせよ、家族内でコンセンサスが取れているのであれば、家族葬を選択することで誰かに迷惑がかかることはありません。
しかしトラブルが起きないよう、できれば生前から家族葬にするかどうかの話し合いを家族でしておくことが望ましいでしょう。
家族葬は故人さまの希望でもあったということなら、納得してもらえる度合いも高まるためです。


なぜ家族葬への関心が集まっているのか、時代や社会的背景

ところで、ここへきてなぜ家族葬に対して関心が高まりつつあるのでしょうか?
もちろん不況により冠婚葬祭にかける費用が以前よりも減っているという、社会的背景も考えられますが、とある意識調査によると、自分のご葬儀は小規模、簡素でよいと考える人が増えているとのこと。

また、平均寿命が伸びることで亡くなる方も高齢化しており、そうした場合家族が大規模なご葬儀を望まないという傾向もあります。
そして亡くなった人の年齢が高い場合、友人知人もご高齢の人が多いので、参列して頂くのが難しい場合も考えられ、その場合家族のみで執り行いますとご連絡をすれば、ご負担が減ることにもなるでしょう。

家族葬にすることで、規模が小さくなって故人さまに申し訳ないと感じる人もいるようですが、家族葬にしたからといって故人さまへの思いが薄れるわけではありません。
遺影やお花も飾り、一般的なご葬儀と同じ手順で行われるので、きちんと哀悼の意を表すことができるのです。
そして家族や親戚などの身内だけで見送ってあげることは、ある意味とても幸せなことかもしれません。
そうした絆を重視する面にフォーカスして、家族葬を選択してみてはいかがでしょうか。