参列者の葬儀マナー

知っておきたい焼香(仏式)のやり方

焼香とやり方の手順
知人や身内などに突然の不幸があり、お葬式に参列することになったとき、あまり慣れていない人は「焼香」のやり方にタジタジしてしまうものです。お葬式というのは、様々なマナーなどがあり、その中でも「焼香」は周りの人に見られるものでもありますので、作法を間違えずにしっかりと全うしたいものです。そこでこちらでは、「焼香のやり方」を徹底的にご紹介しますので、覚えていってください。

香典のお札の入れ方と持参する際の正しい作法

香典のお札の正しい入れ方
葬儀の日は得てして思いがけずやってくるものであるため、マナーの確認等に追われて慌ててしまうものです。香典もお札の入れ方や持参する際にどのような点に気を付けるのかなど適切なマナーがあるので覚えておきましょう。

お悔やみの言葉のマナーや文例を分かりやすく紹介

焼香とやり方の手順
大切な人を亡くされたご遺族に対してお悔やみの言葉をかける場合、ご遺族の悲しみを思いやるのはもちろん、マナーをきちんと守ることもとても大事なことです。お悔やみは、故人に対する自分の気持ちをただ伝えるものではなく、人の死を弔うこと、遺族を慰めることという意味があります。この意味を履き違えると、悲しみの中にいるご遺族を不快にさせたり辛い気持ちにさせたりしてしまうので、マナーを守ってお悔やみの言葉を伝えましょう。

参列者マナーの疑問!お通夜の服装とは?

参列者のお通夜の服装
お通夜の参列者の服装としては、基本的には洋装の喪服、お知らせからお通夜までが短いケースでは地味な色のスーツを選ぶといいでしょう。こちらでお通夜の参列者の服装についてまとめていますので、参考にしてみてください。

袱紗(ふくさ)の選ぶポイントと包み方と渡し方の基本

ふくさの包み方
袱紗(ふくさ)は結婚式、お葬式などの冠婚葬祭に必要になる、お金を包むためのアイテムです。袱紗にはいくつかの種類があり、同じ袱紗でもカジュアルな位置づけのものなどがあり、色や模様を慶事・弔事によって使い分ける必要があるなど、慎重に選ぶ必要があります。

通夜と告別式どちらに参列する? どちらに香典は必要?など違いを解説

通夜と告別式どちらに参列する? どちらに香典は必要?など違いを解説
訃報を受けて、お通夜と告別式のどちらに行けばよいのか、両方に参列したほうがよいのか、頭を抱える方はすくなくありません。どちらもどうしても出られない場合、どのように香典を渡すのか、どちらに行くのが正しいマナーなのか?など、慌ててしまう方も少なくないでしょう。急な訃報の際にご遺族に失礼のないように、お通夜と告別式に関する基本的な知識や知っておきたいマナーについて復習しておきましょう。

清めの塩って何に使うの?正しい使い方を解説

清めの塩って何に使うの?正しい使い方を解説
葬儀の最後に渡される清めの塩は、穢れを払い、身を清めるために必要と考えられています。この清めの塩は葬儀から家に帰るときに使います。清めの塩は、宗教、宗派によっては配られないこともあります。清めの塩の使い方について、本記事でくわしく解説しています。

お通夜に行けないときどうする?対処法について

お通夜に行けないときどうする?対処法について
どうしても都合が合わずお通夜に行けない場合は、失礼のないよう簡潔かつ丁重に、お通夜に行けない旨を伝える必要があります。この記事では、遺族に嫌な思いをさせず、かつ悔やむ気持ちを伝えるためにはどうすればよいのかについてご紹介いたします。

火葬後の骨上げを行う際に遺族が知っておくべきマナー

火葬後の骨上げを行う際に遺族が知っておくべきマナー
火葬後に遺骨を箸で拾い上げて骨壺におさめる骨上げは日本独自の慣習ですが、地域によって異なることや、骨上げを行う順番など基本的なマナーを知っておくことが大切です。この記事では骨上げに参列する前に知っておきたいポイントを詳しくご紹介いたします。