終活の基礎知識

整理すべきお金は?

整理すべきお金は?
終活の際に整理すべきお金は「すべて」です。なぜなら、亡くなった後のお金は相続税の計算に使われるからです。
「内は相続税の対象にならないから」という場合でも相続税の申告はしなければならず、隠されていた財産が発見されると手続きが面倒になります。
また、すべてを相続するわけでなくその中には自分が亡くなる前に確保すべきお金もあります。整理すべきお金や財産にはこのようなものがあります。

エンディングノートの書き方

エンディングノートの書き方
シンプルで小規模なところが現代の生活にマッチしている家族葬。ご葬儀の準備やマナーについて事前に知っておくために、どのような流れで家族葬が執り行われるのかまとめてみましたので、ご一読を。

終活で必要なこと-遺言書の書き方

遺言書の書き方
参列者を親族のみに絞って小規模に行うことで、家族の負担も減り、故人さまとのお別れの時間もたっぷり取ることができる家族葬。親族のみなので、ある程度自由がきくとはいえ、一般のご葬儀同様準備も必要です。どのような準備が必要か、ポイントごとにまとめてみました。

終活時の不動産相続について注意点3つ~繋がる空き家対策~

終活時の不動産相続について注意点3つ~繋がる空き家対策~

自分が亡くなると、相続人に財産を受け継いでもらうことになります。財産の中には預貯金や現金、証券以外にも「不動産」が含まれていることも多いです。現金などの場合に比べて、不動産は手続きが煩雑なケースがよくあるそうです。そこで、終活をするうえで大切な親族や子どもへ相続する不動産について、注意すべきことを考えてみましょう。

残しておきたい!エンディングノートで家族に思いを伝えよう

残しておきたい!エンディングノートで家族に思いを伝えよう
昭和セレモニーがご紹介する終活の基礎知識。葬儀を行う前に、万が一の時のための事前の知識として知っておきたいことをまとめてご紹介。ご家族の絆、人と人とのつながりを大事に、心温まる想い出を提供する、それが昭和セレモニーの葬儀・家族葬です。

様々ある遺産相続の手続きと注意点について学ぶ

様々ある遺産相続の手続きと注意点について学ぶ
昭和セレモニーがご紹介する終活の基礎知識。葬儀を行う前に、万が一の時のための事前の知識として知っておきたいことをまとめてご紹介。ご家族の絆、人と人とのつながりを大事に、心温まる想い出を提供する、それが昭和セレモニーの葬儀・家族葬です。

終活のメリットとデメリット

近年「終活」という言葉がよく聞かれるようになってきました。終活に興味があるけど具体的にどうしたら良いかわからないという方、まだまだ終活なんて先の話と思っている方も、後悔しないしないように終活のメリットとデメリットをきちんと押さえておきましょう。

終活を手順よく準備するために

近年「終活」という言葉を耳にするようになりました。2009年に登場したこの造語は、「就職活動」の略語である「就活」にひっかけ、「終わるための活動」を意味して作られました。果たして言葉は知っているものの、具体的にどのような活動を行うのか、何から始めればいいのか、よくわからない人もいるのではないでしょうか。

終活における生前整理は断捨離力が不可欠!注意点も把握すべき

自分が生きているうちに自らの所有物をある程度整理し、相続人に負担がかからないようにする生前整理という言葉を耳にしたことはありますか。これは終活の一環でもあり、テレビや雑誌でも頻繁に取り上げられており、まだまだ元気な人たちが率先して身の回りの所有物を断捨離するというものです。 人が亡くなった後に相続人が遺産の片づけをしますが、生前に断捨離を行っておけば、必要なものと不必要なものの判別が付きやすくなります。 生前整理とは

終活のお墓の選び方を知りたい!生前墓には多くのメリットが

人間は亡くなるとお墓に入ることになりますが、これまでは一般的に人が亡くなった後に家族の人たちが墓選びを行っていました。ですがそれでは残された人たちに大きな負担がかかることになりますし、故人が希望する石材やデザインを施したものが用意できない可能性もあります。 終活が注目されていますが、その際にお墓を自分であらかじめ選んでおく、建てておくという人も増えてきています。その際には、選び方に注意することが重要でしょう。

自分が望む葬儀のために〜お葬式の種類〜

時代の変化に合わせ、葬儀のスタイルも選択できるようになってきました。 慣習にそったスタンダードな一般葬、企業が営む社葬、小規模な家族葬、費用と時間を減らせる一日葬・直葬、故人にちなむ自然葬、そして生前葬など、今回は、様々な種類の葬儀についてご説明します。 多様化しつつある葬儀の種類を知り、自分らしい葬儀の演出をイメージしてみましょう。

自分で知っておきたい葬儀の流れと費用

親しい人とのお別れは突然にやってくるものです。 葬儀はプランや規模によってその種類は多様ですが、ご家族はわずかな時間内で決めるべきこと・やるべきことをこなさなければなりません。 そこで、ご家族がスムーズに執り行えるよう、ご自身の葬儀に関する事前計画をおすすめします。 以下では一般的な葬儀の流れと費用について解説していますので、お別れの際に家族の大きな助けとなれるよう、プランを練ってみましょう。

終活をおすすめする3つの理由

遺族にとっても、あなた本人にとっても、大きなメリットがある「終活」。 いざという時にエンディングノートがあれば、遺族はあなたの葬儀の希望や財産の情報を知ることができ、様々な手続きをスムーズに行えます。 あなた自身も、資産を把握し、ゴールを設定することで、限られた時間を有効に過ごせるでしょう。 ここでは、終活についての説明と、終活をおすすめする3つの理由をご紹介します。

終活は定年退職後から始めるのがベスト!手始めに出来る3つのこと

残された家族に迷惑がかからないよう、生前から身辺整理を行うことを目的とした終活。 一般的には定年退職をした後に取りかかるのがベストタイミングと言われています。 早めに始めたほうがメリットが大きいため、定年退職をきっかけに少しずつ終活をスタートしていきましょう。 ここでは終活に適した年齢やタイミング、手始めに出来ることなどをわかりやすく説明します。

社葬を事前準備する際に気を付けたい4つのポイント

社葬を滞りなく執り行うためには事前準備として社葬取扱規程を作成し、連絡先名簿を整理しておくなどの必要があります。今回はこれらの事前準備を行う際、特に気を付けたい4つのポイントを説明します。

葬儀の事前準備で身辺整理!やっておきたい8つのこと

葬儀の事前準備をすることは、ご自身の身辺整理にもなります。事前準備として必要なのは、葬儀社や葬儀費用を決めておくだけではありません。緊急連絡先名簿の作成、正確な住所・本籍の確認、遺影写真を選ぶ、保険の管理、納骨先の決定、財産の確認など、葬儀の事前準備を通してご自身の情報を整理あいておきましょう。