喪主・遺族の葬儀マナー

施主と喪主の違いと役割とは?葬儀マナーをご紹介

施主と喪主の違いと役割とは?葬儀マナーをご紹介
小規模の葬儀では同じ人が施主と喪主を務めるケースも多く見られますが、厳密には異なる役割を持っています。施主はお布施といったその葬儀の金銭面の担当、喪主は葬儀全体をとりまとめる担当です。かつての日本では長男がどちらの役目も担っていましたが、昨今では故人に近しい人が務めるケースが多く見られます。このページでは、施主と喪主の違いやその役割、求められるマナーについて解説しています。

葬儀の受付の仕方とマナー

葬儀の受付の仕方とマナー
葬儀の受付は遺族の代わりに弔問客を最初に迎え入れる重要な係です。香典の受け取りや弔問客の案内など、やるべき役割は多数あります。
葬儀の受付や挨拶について、ほとんどの方があまり詳しくはないのではないでしょうか。この記事では、葬儀の受付の仕方とマナーを徹底解説します。

喪主マナーの疑問!お通夜の服装とは?

喪主がする服装
お通夜で喪主を務める際、男性も女性も黒を貴重としたフォーマルな服装が基本です。和装でも洋装でも構いませんが、小物もすべて黒で統一することに気をつけましょう。黒と言っても光沢のある黒ではなく、マットな落ち着いた黒を選びます。正しい服装を押さえて喪主としてお通夜を努めあげましょう。

献杯の挨拶と作法・乾杯との違いについて解説

献杯の挨拶と作法
本記事では、葬儀で使われる「献杯」という挨拶について例文も含め詳しく解説しています。「そもそも献杯という言葉を初めて聞く」という方や「葬儀の挨拶方法がわからなくて不安だ」という方は、ぜひご覧ください。また記事内では、「乾杯」と「献杯」の違いにも着目し、使い方や意味の違いまで説明しています。

葬儀の喪主を決めるポイントと役割とは

喪主を決めるポイント
本記事では、喪主の決め方や喪主の役割、喪主を行う際の注意点などを詳しく解説しています。葬式や法要では、会の進行のため責任者として喪主を決めておく必要があります。

喪中はがきを作成する際の注意事項と送るタイミング

喪中はがきの注意事項
身内に不幸があった際は、喪中はがきを送ることで、年賀状を出すことを辞退する旨を伝えます。ここでは、喪中はがきを作成する際の注意点や、送るタイミングを解説します。喪中はがきの内容は丁寧なものである必要はなく、悲しみの中にいるために簡潔に要件だけを述べるというのがマナーです。

友引はお通夜や葬儀を避けた方がいいの?友引の意味とは

友引はお通夜や葬儀を避けた方がいいの?友引の意味とは
仏滅や赤口、大安などの六曜は、日本人の考えや文化に強く根付いており、冠婚葬祭の日程を決める際に強く意識されいます。友引の日は運気のよい時間帯が分かれており、葬儀を行ってもよいのか分かりにくいです。そこで、今回の記事では、友引の意味についてご紹介します。

【緊急】忌引き休暇|職場への連絡・取得方法とマナー

職場への連絡・取得方法とマナー
族の不幸に見舞われた場合、勤めている会社を休んで葬儀に出席する必要があります。忌引き休暇は有給休暇とは異なります。有給・無給の違いは法的根拠や社内ルールによるので、事前に確認しましょう。忌引き休暇から復帰する際の注意点についても解説します。

お通夜はいつ行う?日程の決め方・友引を避ける理由

お通夜はいつ行う?日程の決め方・友引を避ける理由
家族が亡くなった場合、親族は悲しみに浸りながらも故人の訃報を関係者に伝え、お通夜や葬儀の手配をする必要があります。今回は、一般的なお通夜の日程や、お通夜の日程などを調整する際の注意点、関係者への訃報の伝え方などを解説していきます。

妊婦がお葬式への参列を控える場合は?参列するときでも知っておきたい注意点

妊婦がお葬式への参列を控える場合は?参列するときでも知っておきたい注意点
お葬式には、さまざまな礼儀作法やマナーがあります。妊婦の葬式への参列については、体調面や地域の迷信などを配慮したいという場合は、参列を控えても差し支えありません。参列を決めた際は、光沢感のない黒いゆったりしたワンピース、ヒールの低い黒の靴で参列しましょう。