家族葬の基礎知識

家族葬とは?普通のご葬儀と違いは?メリットやデメリットは?

家族葬とは?
お葬式はお金をかけて、たくさんの参列者を呼んでというやり方は過去のものとなり、簡素に済ませ、家族葬で見送られたいという希望を持つ人が増えつつあります。
日本の高齢化にも関係があると言われるご葬儀の小規模化には、他にどのような理由があるのでしょうか?
そして家族葬とは、どのようなご葬儀の形態なのでしょうか?

家族葬はどんな流れで進行する?準備からご葬儀後の手続きまで

家族葬の流れ
シンプルで小規模なところが現代の生活にマッチしている家族葬。ご葬儀の準備やマナーについて事前に知っておくために、どのような流れで家族葬が執り行われるのかまとめてみましたので、ご一読を。

家族葬に必要な準備とは?4つの準備をそれぞれ解説

家族葬の準備
参列者を親族のみに絞って小規模に行うことで、家族の負担も減り、故人さまとのお別れの時間もたっぷり取ることができる家族葬。親族のみなので、ある程度自由がきくとはいえ、一般のご葬儀同様準備も必要です。どのような準備が必要か、ポイントごとにまとめてみました。

家族葬の選び方まとめ!4つのポイントを押さえておけば安心

家族葬の選び方
家族葬を行ったことがない人にとって、ご葬儀にあたり何から手を付けて良いのか迷うところかと思います。手順のほとんどは一般的なご葬儀と同じですが、サービスの点では異なることも。それらを事前に整理するため、押さえるべきポイントを4つに分けてお知らせします。家族葬を視野に入れている人はぜひ参考にして下さい。

家族葬でのマナー知っていますか?行う側・参列側のマナーを解説

家族葬のマナー
家族葬を初めて出すご遺族さまも、初めて参列する側も、家族葬について良く知らないと戸惑うことが多いかもしれません。進行については一般的なご葬儀とほとんど違いはありませんが、ご葬儀にお呼びしない人への連絡方法や、ご遺族さまに対して負担をかけない心づかいなど、家族葬ならではの気配りが必要となります。どのような点に気をつければ良いのか、ポイントを解説します。

家族葬の喪主さまになったら何をする?基礎知識を説明します

家族葬の喪主さまになったら
家族葬を行うと決めたら、たいていは家族のうちの誰かが喪主さまになることが多いもの。しかし喪主さまを経験したことがない人は何かと戸惑いがち。事前に喪主さまが何をすれば良いのか知っておくことで、スムーズな家族葬を目指しましょう。家族葬での喪主さまの役割をまとめてみました。

家族葬での挨拶状のマナーとは?そのタイミングとポイントを解説

身内だけで家族葬を行いたい場合、誰に通知を出せばよいのか、いつ出せばよいのかの判断が難しいところです。 しかし、一般的なマナーは存在しますので、挨拶状を出すタイミングなどを知って、失礼のないように家族葬を執り行いましょう。

家族葬で気になる「お花代」について知っておきたいマナー

お花代という言葉を聞いたことはありますか?ご葬儀の祭壇にお供えする花に対して、香典とは別に参列者がお渡しするのがお花代です。家族葬では香典を辞退することが多いのですが、お花代はどうしたらよいのかといったマナーを知っておきましょう。

家族葬の時の返礼品について。参列者が注意したい点とは

ご葬儀を家族葬で行うと分かった場合、家族葬について詳しくないと、香典や供花、供物を送ってよいのかどうか迷うのではないでしょうか。 こちらとしては送りたくても、ご遺族さまの負担を考えると送らない方がよい場合もあります。 香典などについて家族葬ではどのように対処したらよいのか、また、参列者が注意したい点もまとめてみました。

家族葬をおすすめする5つのケースについて解説します

家族が亡くなった時、一般的なご葬儀を選ぶべきか、家族葬を選んでもよいか、決めかねる場合があるかもしれません。 もちろん家族みんなが納得するように話し合うべきですが、総意をまとめるためにも、何かしらの指針があった方がよいでしょう。 家族葬をおすすめするのはどのようなケースか、例を挙げて5つご紹介します。

今さら聞けない仏壇の基礎知識とお祀りの仕方を解説します

仏式のお葬式をあげて納骨を済ませたあと、位牌を家に安置するための仏壇が必要になりますが、皆さんのお宅ではどのようにお祀りしているでしょうか? 仏壇はなぜ必要なのか、どのような種類があるのか、今さら聞けないあれこれをまとめてみました。

霊園と墓地の違いは?埋葬の手続きからお墓の選び方まで

家族葬を行った後、遺族は次に埋葬について考えなければなりません。 既にお墓がある場合はそこに埋葬となりますが、新たにお墓を用意する場合、霊園と墓地のどちらがよいのでしょうか?そしてその違いは?埋葬の手続きなども含めて、解説します。

家族葬で呼ぶ呼ばない参列者の範囲

家族と近親者のみでご葬儀を行う家族葬が増えています。葬儀場に参列者を大勢迎えるお葬式ではなく、少ない人数でしめやかに故人さまを偲ぶ家族葬に、誰を呼ぶのか、呼ばなくてもよい親戚にはいつ伝えるのか?、呼ぶか呼ばないか迷った場合はどうすればいいのかを詳しくご説明いたします。

時代を映した家族葬の人気の理由を考える

家族葬が人気の理由は高齢化が進む今友人や知人の数は減少してゆき、それに伴い参列者数も少なくなります。また、かつて日本全体を占めていたムラ社会が廃れ始め、以前ほど近所づきあいも活発ではなくなりました。「家族に見送って貰えればそれで良い」「余計な経済的負担をかけたくない」などといった本音が見え隠れします。

社員が家族葬をする場合に職場の対応はどうするか

社員が家族葬をする場合に、参加したほうがいいのか迷いますよね。もし、社員に家族葬と言われた場合は参加しない、あるいは代表者だけが参加する形が良いでしょう。社員が喪主さまでない場合は原則不参加が望ましいです。

家族葬を行うにあたって、会社へ必要な連絡とは?

近年の終活ブームと共に、定番の葬儀スタイルになりつつある家族葬。家族葬では、会社関係者の弔問を避けるために会社には事後報告にするか、事前に連絡するとしても家族葬であることを明確にした上で葬儀の日時を知らせないなど一定の配慮が必要です。

弔電や供花に対する正しいお礼の仕方をテンプレートと共に紹介

法事の際、弔電や供花をいただいた相手にはなるべく1週間以内にお礼状を出すのがマナーです。葬儀の後は何かと忙しく何事もつい後回しにしてしまいがちですが、お礼状が遅れるのは相手に対して失礼にあたります。ここでは弔電や供花をいただいた人へのお礼の仕方やポイントを紹介するほかテンプレート集も掲載しています。